定期便の宅配はこちら

天然腐葉土

『のと風ふぁ〜む』へようこそ( ^ ^ )自然栽培農家のベリー水野です。

 

私が所属する《はくい式自然栽培部会》の”自然栽培”の定義では、「圃場周辺で取れた植物性堆肥(無農薬・無化学肥料・無除草剤・ノンGMO)は使用しても良い」事になっています。
*はくい式自然栽培の定義を詳しくお知りになりたい方は下記のページ
遂にスタートしました!
よりご確認頂けます。

 

 

 

ですので、私の畑にはいちご栽培の初年度から枯れ草などを利用した天然腐葉土を入れています。

 

 

 

今年は圃場で草を刈ってそれをそのまま被覆(グランドカバー)に使用しているのですが、いちごのコンテナー栽培も今年からスタートする為、色々考えて昨年から畑のコンポストエリアになっていた枯れ草の下の土をコンテナ用に使うことにしました。

 


*天然腐葉土と化した黒くて良い香りのする土

 

 

 

自然栽培のいちごのコンテナー栽培、初挑戦なのでどのくらいの収量がとれるか未知数ですが、なるべく自然栽培の枠組みの中でも栄養分の高い土を使えば直植えに負けない収量がとれるのではないかなと思っています。
もちろん、定期的に枯れ草を使った被覆も使って微生物に大いに活躍してもらいます!

 

 

 

 

 

 

 

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です